長期留学・駐在

駐在者・留学生の携帯契約はこれが最適解かも…?『Google Fi』の最強説!

どうもこんにちは、主筆の山本です。

今回は、アメリカに在住する留学生や駐在者に最もオススメできる携帯電話回線のお話をです。

「Google Fi」 とは?

「Google Fi」は、GoogleがMVNO(仮想移動体通信事業者)として提供する、モバイル回線サービスです。日本ではLINE Mobileや楽天モバイルなどが代表例として知られています。

このサービスは米国在住者向けに提供されており、契約時には

  • アメリカの住所
  • クレジットカード等の支払い方法

が必要となります。

Google Fiの特徴は?

Google Fiの特徴としては、

  • データ通信料金は1GBあたり10ドル、6GB以降は追加課金なし
  • 料金は月額20ドル(約2,060円)から。
  • 契約期間に縛りなし
  • 世界200カ国以上でも追加料金なしでネットを使用可能

というのが主な特徴となります。

私がGoogle Fiを推す理由としては、最後に挙げた「世界200カ国異常でも追加料金なしでネットを使用可能」という点です。

アメリカに来る留学生や駐在者は、年始やクリスマスなどで折々日本に帰ることがあるかと思います。そう言った時に日本で一旦解約や休眠した携帯回線を復活させたり、トラベルSIMを購入し、APNを入力するなどの行為が発生するのは大変面倒に感じるかと思います。

しかし、このGoogle Fiであれば、手続きなどは一切必要とせず、アメリカで使用するのと同料金で心配なく使用続けられます。(電話料金のみ、海外だけ20セント/分)

詳細:Google Fi International Fee

ですので、日本に一時的に帰国した際や、友達と一緒にカナダや隣接する国に旅行などに行く際にでも大変重宝できるかと思います。

使用するための注意点は?

まず、Google Fiでは使用できる端末が限られています。iPhoneでは5s以上の端末でなければ使用できません。Androidでは

  • Google
    • Pixelシリーズ(XL等も含む)
    • Nexel 5X,6,6P
  • HUAWEI
    • Mate 10 Pro
    • Mate 20
    • Honor 8
    • P20シリーズ
  • LG
    • V40 ThinQ
    • G7 ThinQ
    • V35 ThinQ
    • V30S
    • V30
    • V20
    • G6
    • Stylo 4
    • Stylo 3

などが挙げられます。残念ながら、日本勢であるSONYのXperiaやSHARPのAQUOSなどは使用できないみたいです。

また、Googleは『Designed for Fi』という、Google Fi用に設計されたスマートフォンが存在しており、そちらの携帯を使うとアメリカ国内で複数の事業者の電波(T-Mobile,Sprint,U.S Cellular)を掴み、最も良い電波に繋いで通信を行う、ということができる様です。

現時点での対応端末は

  • Pixelシリーズ
  • Moto G7
  • Moto G6
  • LG G7 ThinQ
  • LG V35 ThinQ
  • Android One Moto X4

の6種類です。また、それだけではなく上記モデルの『北米版』が必要と記述されているので、お気をつけください。

最後に

実は筆者、Google Fiの前身であるProject Fiの時代から知ってはいたのですが、渡米時にはすっかり忘れており、T-Mobileを契約していました。

ただ、最近色々な物を検索しているうちにGoogle Fiを久しぶりに目にし、「今アメリカに住んでいるし、これは使える」と思い、現在のT-MobileからGoogle Fiに切り替えようと考えています。

切り替えた際にはまた別途記事にして公開しますので、是非お待ち頂ければと思います。

主筆
U.S info
シリコンバレーでコミュニティカレッジに通うfreshmanの大学生。専攻はComputer Science&Business。
\ Follow me /