その他

【コラム】あなたは何の為にアメリカに来るのでしょうか?

こんにちは、U.S Info主筆の山本です。

今回は私がアメリカに来て感じた「何故アメリカにきたのか」という最も簡素かつ重要な話題に関してお話しさせていただければ、と思います。

※今回は記事ではありません。人によってはあまり好ましく表現も使っておりますので、ご注意ください。※

前提

まず、この記事で表記する「大学生」はコミュニティカレッジに通う方を示したものとします。

あなたは何故アメリカに来るのか

皆さんは「アメリカ留学」という言葉を聞いて、どのような感想をお持ちでしょうか?

私の日本にいる友人は「なんか凄そう」を一様に口を揃えて言ってくれます。お世辞も含まれているのでしょうが、基本的にはそんな考えをお持ちの方が多いのではないか、と感じます。

でも、アメリカ留学なんてもの凄く簡単なことなのです。

何故簡単と言い切れるのか

何故なら、お金さえあれば、留学生になることができるからです。これは本当です。最もコミュニティカレッジに入る方法として簡単なのは、語学学校に行くことでしょう。アメリカには各国からアメリカで良い大学に入りたい!と思う人がたくさん集まっています。有名な語学学校はELSでしょうか。ELSはF-1ビザを発行するための権限を有しています。そこに入れば、一応は留学生になれます。でも、それは本当の留学生では無いのです。語学学校生なのです。

あなたは本当に「すごい」のか?

アメリカに来る留学生は、「自分は凄い」と思い込む人が多いように私は見受けられます。勿論、4年生大学に1年生から進学される方に対しては敬意を表し、感嘆に値します。しかしながら、コミュニティカレッジなどに通うことは「親の力」以外何物でもないのです。

あなたは何故アメリカに来たのでしょうか?何故日本の大学に行かなかったのでしょうか?よく考えてみてください。もし貴方が大変高い意志を持ってアメリカに来られたのであれば、良いでしょう。ですが、個人的には大半は日本での受験戦争に敗北し、アメリカに逃げてきた方が多いように見受けられます。

では、ここで考えて欲しいのですが、日本での受験戦争に敗北した貴方がどうやってコミュニティカレッジから4年生の大学に編入できるという安易な考えを持っているのでしょう?

日本の受験は英語の科目以外、日本語で出題された、日本語で解答する問題が全てです。日本語の一般入試で大学の受験に挑むのは年間約5000万人程度でしょう。ここでの争いに貴方は負けているのです。

さて、アメリカでの内容を見てみましょう。アメリカの主要言語である英語を使用し、大学を受けようとするのは、アメリカ人と日本人だけでしょうか?そんなことはないですよね。中国人や韓国人、その他様々な国からアメリカに必死に勉強する人達が来ているのです。その中で、良い点数を取り、GPAを高く保たなければ有名なユニバーシティには編入できないのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?答えは簡単で、死ぬほど勉強するしか無いのです。私の友人でUCSCで勉強されている方は、毎日5時間程勉強されている、という風に聞きました。アメリカ屈指のパブリックアイビーに通われている方でさえ、毎日5時間程勉強されているのです。編入しようとする人が追いつくためにはそれ以上に勉強するべきなのは目に見えています。必死に勉強する以外ないのです。

この記事で言いたいことは?

感嘆に言えば、「自分を戒める記事」という大変自分勝手なポエムになってしまいます。しかしながら、そうなってしまいがちなのが、留学生なのではないか、とも思っています。あなたがどれほど周りの友人などにチヤホヤされても、アメリカ人からすれば「こっちに勝手に来ている外国人」以外の何物でもないのです。本当にそれ以上でも、それ以外でも無いのです。

留学生の皆さん。しっかりと気持ちを高いまま保って、一緒に頑張りましょう。

主筆
U.S info
シリコンバレーでコミュニティカレッジに通うfreshmanの大学生。専攻はComputer Science&Business。
\ Follow me /